プログラマー髙須賀 友哉

営業本部 
2010年入社

イメージイメージ

Q1.伊予鉄総合企画に入社を希望した理由

高校卒業後、コンピューター関係の専門学校に進学し、勉強をしていく中で、システム関係の会社に就職することを考えていました。 伊予鉄総合企画との最初の出会いは、就職活動中に参加した合同会社説明会です。伊予鉄総合企画は人材派遣会社のイメージが強かったのですが、説明の中で、システム開発も行っていること、そしてシステム開発として請負っている仕事の幅が広いところにとても惹かれました。また、システム開発以外にも、いろんな経験を積みたいと思っていた私にとって、様々な事業展開をしているところが、より興味をもったポイントでもありました。入社後は、念願だったシステム開発の部署にて、現在に至るまで様々なジャンルのシステム開発に携わっています。またほかの部門の関連業務で、パソコンの設定等にも関わる機会があり、ネットワークに関する知識も身につきました

Q2.伊予鉄総合企画の魅力

職場の雰囲気が明るく、社員同士の関係がとても良いです。仕事をする上でコミュニケーションは必要不可欠ですが、そのコミュニケーションが活かされて、お客様とだけでなく、社員同士も良い人間関係が築けているのだと思います。
よく「プログラマーにコミュニケーション能力が必要?」と思われがちですが、実はとても重要です。システム開発は一人で黙々と作るのではなく、お客様の要望を聞きながら、チームで話し合い、協力しながら進めていかなければいけません。コミュニケーションができないと、苦戦すると思います。私も日々コミュニケーション能力を磨いています!
ほかにも、部署間を越えて、いろいろな社員と交流できる機会(社員旅行や親睦会・忘年会など)がたくさん設けられているのも関係構築のための良いところですね。会社が一丸となっているのを肌で感じることができます。

Q3.学生の皆さんへのメッセージ

就職に対して、不安に思うことはたくさんあると思いますが、その不安も入社してからの頑張り次第で解決できます。明るい未来を想像して、就職活動を頑張ってください。そして、当社に魅力を感じてくれた皆さんとお会いできる日を楽しみにしています。